株一般

微損と微益の評価表

相場においては、トレードを評価することが大事になってきます。 これを軽視して、うまくいく相場はありません。 儲かったらそれでよいとか、損したからだめだった、と言うような短絡的な評価がまずいのであります。 トレードの評価につ...
手法

トレンドフォローの方法

相場においては、トレンドフォローが一番儲かるのであります。 なぜなら、流れに寄り添うことで、利幅を広く取ることができます。 損小利大のカギがそこにあります。 トレンドフォローと真逆にあるのが、無闇な逆張り、そして下手なナン...
株一般

相場の運を理解する

利益が出た時、相場の運を感じます。 ラッキーパンチが当たったのだから、その利益は守るべきであります。 しかし、不思議なことに、それができないことが多い。 バブルの時代に大儲けした人も、全てをなくすどころか、借金だらけになっ...
手法

急務:大きく儲かったら休むべし

当方、最重要のトレードルールとして、大きく儲かったら休む、というのがあります。 これを破って得した記憶なし。 なぜだか知らぬが、儲かった後にはロクなことがありません。 儲けを削る、それも大きく吐き出すことが多い。 本...
手法

月2のチャンスを当てる方法

大きく値幅を取る、これこそが相場の聖杯。 すなわち、言うなれば、一足飛び性。 当方、以前より気づいておりました。 相場の一足飛び性こそ、トータルで大きく儲ける鍵であります。 なぜそう言えるのか。 値幅が値幅を呼...
株一般

成敗のパーセント事情

相場の成否を決するもの。 それはパーセントであります。 百分率が相場を制する。 そう思うに至った諸事情、そして当方の相場感想文をまとめました。 飯のタネはどこにあるか 値動きの大きい株なら数分。 それでしっかり利...
株一般

最近の相場が難しい理由

最近の相場は難しい、そう思う方は多いでしょう。 逆に、最近の相場はチョロい、儲かって儲かって仕方ない、等という人がいるとしましょう。 彼を信じますか? 当方は信じません。 近頃多いのは「相場が難しい、もう駄目だ、●億...
手法

動かない相場の方法

振り返れば、相場なんてものは、動かないことの方が多い。 1年間を振り返れば、閑散続きもいいところです。 例えば、時系列に 年始 ゴールデンウィーク 真夏 クリスマス 年末 の各時期において...
株一般

仕手株相場の予兆

一見閑散、実はひそかに仕手株相場。 ときおりやって来る、この謎チャンス。 これを逃がしてはもったいない、そんな話であります。 もちろん、リスクは承知の上。 損したなら、さようなら。 覚悟とともに問いたい。 ...
IPO

IPOの天井を買えるか

IPO株をどこで買うべきか。 この答えは実に難しい。 なぜなら、このハイボラチャート。 IPOを攻略できれば、相場は手中に入ったも同然であります。 IPO株は市場において、もっとも値動きが大きい部類のものです。 ...